よくあるご質問

TOP PAGE > よくあるご質問

よくあるご質問

  • プライベート・エクイティとは、どのようなものですか?

  • プライベート・エクイティとは、広義には未上場企業の株式を意味し、未上場企業の株式の取得・引受を行う投資行為をプライベート・エクイティ投資と呼びます。上場企業に対しても、経営陣の賛同を経たTOBを通じて非上場化を果たすことによりプライベート・エクイティ投資を行う場合があります。広義の意味でのプライベート・エクイティ投資は、ベンチャー・キャピタル投資など、未上場企業の株式の取得・引受を行う投資行為を全て含みますが、通常は、立上げ期のベンチャー企業への小規模な投資をベンチャー・キャピタル投資と呼び、プライベート・エクイティ投資は成長・成熟期の企業に対し比較的大規模な資金を提供する、または株主に売却機会を提供する投資手法となります。プライベート・エクイティ投資を、過半数の株式の取得を通じて経営権を取得するケースが多いことからバイアウト投資と呼ぶ場合もあります。
    原則過半数の株式を対象会社経営陣の了解を経て取得し、役員派遣を行い、経営を積極的かつ中長期的にサポートして企業価値の向上に貢献し、株式公開(IPO)、第三者への譲渡、自社株買いなどの方法で最終的に保有株式の売却を行うという点で特徴があります。

  • ファンドとは、どのようなものですか?

  • 投資家から集めた資金を特定の目的をもって運用する金融商品であり、運用資金から得られた収益を分配することにより投資家に還元します。投資信託や匿名組合、投資事業有限責任組合、民法上の任意組合等の形式により組成され、プライベート・エクイティ・ファンド、ヘッジファンド、商品ファンド、映画ファンド等がその一例です。
    プライベート・エクイティ・ファンドにおいては、機関投資家、年金基金、事業会社、個人等の投資家から資金を集め、運用会社のファンドマネージャーが投資先を発掘し、事業支援を行うことにより投資先の企業価値を高め、IPOやM&Aにより売却益を得る等の運用を行います。

  • MBOとは、どのようなものですか?

  • MBOは、マネジメント・バイアウト(Management Buy-Out)の略称で、会社の経営陣が、企業外部の投資家(プライベート・エクイティ・ファンドなど)、金融機関と組んで、会社の株主から自社を買取る経済行為を言います。経営陣が主体的にMBOを進め、経営陣も買取後の新会社の大株主になる場合から、外部の投資家が主体となり、経営陣の持株比率が低い場合まで、その形態は様々です。
    日本においては、古くから「のれん分け」の制度があることから、マネジメント・バイアウトを「現代版のれん分け」と呼ぶこともあります。

  • LBOとは、どのようなものですか?

  • LBOは、レバレッジド・バイアウト(Leveraged Buy-Out)の略称で、「必要資金の一部を銀行借り入れによって調達する企業投資手法のひとつ」と定義されます。通常は、投資先企業のキャッシュフローを返済原資として、シニア・ローン、メザニン・ローン、優先株等の、返済順位と利率の異なる資金を組み合わせて資金調達を行います。

  • プライベート・エクイティが投資先に提供する付加価値としては、どのようなものがありますか?

  • 1. 事業の潜在成長力の見極めと持続的成長戦略の策定・実行のサポート
    ・既存の経営陣とともに、対象事業の潜在成長力を徹底的に見極め、中長期的な視点から事業が目指すべき方向性・目標を設定します。その上で、その目標に向かって持続的に成長するための中長期の成長戦略と事業計画の策定をサポートします。
    ・既存の経営陣とともに策定した成長戦略や事業計画はあくまで出発点に過ぎません。プライベート・エクイティは、これまでの様々な業界や事業への投資経験を活かし、経営戦略全般から財務、営業、管理、人事、オペレーションまで、成長戦略の着実で迅速な実行に必要なサポートを提供します。

    2. 企業の組織・風土・インフラの強化
    ・企業が中長期的に潜在成長力の顕在化を遂げるには、既存の従業員と経営陣にとって働きがいのある環境を構築することが特に重要です。プライベート・エクイティは、既存従業員と経営陣各々の目標の明確化と、ストックオプションの付与等のインセンティブ・プランの設計・導入を通じたモチベーション向上を図ることで、組織全体の活性化をサポートします。

    3. 既存経営陣の側面支援としてのマネジメント人材の紹介・招聘
    ・投資後、非常勤取締役の派遣に加え、既存経営陣の側面支援として外部人材の招聘が必要な場合には、プライベート・エクイティがこれまでの投資経験で培ってきたネットワークを通じて、優秀な人材を適宜紹介します。

    4. M&A及びグローバル事業展開のサポート
    ・ますますグローバル化する事業環境の中で、M&A及び事業の海外展開を積極的にサポートします。M&Aにおいては、ターゲット選定、デューデリジェンス、買収交渉、および買収後の統合支援を積極的にサポートします。
    ・また、プライベート・エクイティが保有する既存投資先やリレーションを持つ関係先との商談や、より踏み込んだ連携による事業シナジー創出をサポートします。

    5. 成長資金の提供
    ・プライベート・エクイティは、その豊富な資金調達能力を活用して、資本提供を中心に、企業成長のステージに応じて必要となるさまざまな資金提供ニーズにお応えします。

会員ログイン
  • JPEAアウォード

  • お問い合わせ